「春」を意味する「プリマヴェーラ」、アラビア ヴィンテージアイテムのご紹介です。 | northblessing 北欧ヴィンテージ食器・雑貨

2017/04/24 13:23

こちらのアイテムは、北欧フィンランドの「ARABIA」社の1970年代前半に生産された「ヴィンテージアイテム」です。





「プリマヴェーラ」という名称でシリーズ展開されました。
意味は「春」、今の季節にぴったりですね。
グリーンの花がとて可愛らしく柔らかい表情で描かれています。
食卓やお部屋がぱっと明るくなるデザインです。






北欧フィンランド「アラビア」社のデザイナー「エステリ・トムラ」がデザインした「Primavera / プリマヴェーラ」。
爽やかなグリーン色の花模様がプレートに描かれ、可愛らしいデザインが人気です。
表情がとてもキュートですね!

 

サイズは直径24cmです。
プレートだけでもテーブルがパァッと明るくなります。
プレートの表情を楽しみながらフルーツやお菓子などを盛り付けるのにもおすすめす。
また、飾りプレートとしてお気に入りのコーナーに飾ってもとても素敵です。
お部屋が明るく春らしい雰囲気に包まれそうです。



同シリーズのピッチャーも展開されています。
こちらはインテリアとしてはもちろん、花瓶として活用するのがとてもおすすめです。
お花を生ける際、バランスを取るのに中に空き瓶などを入れてアレンジすると便利です。
季節のお花をぜひプリマヴェーラで活けてみてくださいね。

 

 


「ARABIA/アラビア」社はスウェーデンの王室御用達陶磁器メーカーの「Rorstrand/ロールストランド」の傘下としてフィンランドのアラビアという土地に設立されました。
その後、1916年に独立を果たした「ARABIA/アラビア」社は、「フィンランドを代表する陶磁器メーカー」として地位を確立し始めました。独立してからのアラビア社は、より一層技術やデザインを磨き上げていきました。そのレベルはパリ万国博覧会に出展されたアラビア製品が金賞を受賞するまでに至りました。
現在、「ARABIA/アラビア」の装飾技術は国内外から非常に高い評価を受け、ここ日本でも北欧食器気ブランドとして絶大な人気を誇っています。歴史背景からもうかがえるように、1873年から作られてきたアイテムたちは、「アラビア ヴィンテージ」としても高い評価を受けファンを魅了し続けています。今も世界中から愛され続けています。
今年フィンランドは建国100周年を迎え、アラビア社からも100周年記念の復刻デザインのマグカップが発売されました。
日本でも多くのファンが記念マグを入手するなど、絶大な人気を誇る老舗ブランドです。

 


デザイナーはの「エストリ・トムラ」は、フィンランド育ち1940年にヘルシンキ美術大学’(現:アールト大学)で陶器の絵付けを学びました。1947年にアラビア社の装飾部門に装飾デザイナーとして入社し多くの作品を手掛けました。
アラビアの「ボタニカ・ウォール・プレート」シリーズのデザイナーとしても有名です。 繊細なタッチからプリマヴェーラのようにかわいいタッチまで花々を幅広いタッチで描いたがエストリ・トムラの作品は多くのファンを魅了し続けています。
100周年記念記念マグには彼女の手掛けた女の子の絵が印象的な人気シリーズ「パストラーリ」が発売されました。
(上写真:右から2番目)
日本でも多くのファンを魅了し続けているデザイナーです。





 


North Blessingからご紹介の北欧ヴィンテージアイテムはこちらからもご覧いただけます。

https://northbless.thebase.in/categories/258981

 


日常に北欧ヴィンテージを取り入れて、北欧ライフを楽しんでみてはいかかでしょうか。