フィンランド マリメッコ社の「ヴィヒキルース」のがま口ポーチ | northblessing 北欧ヴィンテージ食器・雑貨

2017/03/25 13:10

日本でも絶大な人気を誇るフィンランドのマリメッコ社のテキスタイルデザイン。


マリメッコ社は北欧フィンランドで1951年の創立以来、優れたデザイン性を持つ実用品として、国や世代を超えて多くの人に愛されているフィンランドのファブリックブランドです。
マリメッコの社名は「小さなマリーのためのドレス」という意味です。なんともかわいいではありませんか。

写真:フィンランド ヘルシンキのマリメッコショップ

 

マリメッコ社は北欧フィンランドで1951年の創立特徴的なパターンをもとに、インテリア・ファッション・バッグという幅広いラインナップを扱い続けています。

そして、1956年にはフィンランド国外への輸出が始まり、国際的にも認知されるようになりました。
とりわけ1960年のアメリカ大統領選挙で、ジョン・F・ケネディ候補夫人のジャクリーン・ケネディがマリメッコのドレスを愛用していたことが報道されたことで、アメリカでの知名度が急上昇したことでも有名です。


マリメッコと聞くとすぐにイメージされるのが「Unikko / ウニッコ」のお花のデザインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 1964年にウニッコのテキスタイルデザインは世界中に広がり素晴らしい成功をおさめました。
そのデザインを手掛けたのは「Maija Isola / マイヤ・イソラ」です。
マリメッコ社で数々の素晴らしいデザインを手がけた 「マイヤ・イソラ」は伝説のデザイナーの一人となりました。

 

 

今回ご紹介する「ヴィヒキルース」は、その伝説のデザイナー「マイヤ・イソラ」の1964年に手掛けたデザインです。
マイヤ・イソラが1964年にデザインした"田舎の薔薇"という意味の「maalaisruusu(マーライスルース)」を、娘のクリスティーナ・イソラがリデザインしています。


配色を変えながらリリースされ続ける「ヴィヒキルース」は時を経てもさらになお一層ファンを魅了し続けています。

日本でも彼女のデザインのファンが今もなお増え続け、マリメッコ社から「日本限定」の配色のテキスタイルやマグカップなどが日本国内で展開されベストセラーシリーズになっています。
 

https://northbless.thebase.in/items/5821895

今回ご紹介するのは、「本場フィンランド国内」で買付をしてきた現地アイテムの「ヴィヒキルース」のがま口ポーチです。
ビビットなオレンジに近いイエローにジューシーな濃いピンクがとても素敵な配色です。
見ているだけでハッピーな気分になりそうですね!





コスメポーチや小物などを持ち歩くのにも便利なサイズです。
旅行にお出かけする際も、パスポートや乾燥対策のクリームなどを身の回り品を収納するのにもおススメです。
サイズ:タテ14 ヨコ20 マチ0.5 cm

 

 

カバンの中から出すたびに、気分が上がりそうなハッピーカラーですね。

 

 

同じくフィンランド国内で買付してきた「PIENI」サイズもおすすめです。
白地に濃いピンクのお花がまた違った雰囲気を楽しめますね。
サイズ:タテ13 ヨコ12 マチ1 cm

https://northbless.thebase.in/items/5821942

 

本場フィンランド現地からお届けするマリメッコの「ヴィヒキルース」、歴史的ストーリーやデザインからも長く愛用したくなる素敵なポーチです。
大人っぽくも可愛い、そんな素敵な雰囲気のデザインがとても魅力的ですね。

 

 

そのほか、North Blessingでのマリメッコアイテムはこちらからもご覧いただけます。
https://northbless.thebase.in/categories/426707