DSC_1396
DSC_1396DSC_1399DSC_1401DSC_1402DSC_1405DSC_1407DSC_1410DSC_1372DSC_1374DSC_1371DSC_1246edfedfedf

No.5210018

キャンドルホルダー / イッタラ / Arktia #2

幅7.5 x 高さ:10.5cm (幅:最大値、ろうそくホール約幅:2cm)

¥ 9,180(税込)

[フィンランド国内買付商品]
[USED]


※こちらの商品はフィンランドのご家庭で長く大切に使われていた「USED品」のヴィンテージアイテムです。





フィンランド「イッタラ 」社のヴィンテージアイテム 「Arktia 」のキャンドルホルダーです。


どっしりとしたガラスは3層で仕上げられたラインがあり、本体中には複数の気泡が浮かんでいます。そして中層部には深みがありながらも淡く澄んだ美しいネイビー色がじむように施されています。
フィンランドの大自然の真冬の澄んだ氷のような幻想的な美しさを放っています。


キャンドルは細長いタイプを使用する形状です。
ホールの経常自体もまるで水が滴るような曲線美で本体全体とのバランスがとても美しい逸品です。


1989年に製作された希少なアイテムです。




メーカー :iittala / イッタラ
シリーズ :Arktia
デザイナー:Timo Sarpaneva / ティモ・サルパネヴァ
年代:1989年
素材:無鉛ガラス
原産国:フィンランド

状態:とてもよい。全体にとてもよい状態で保たれています。 ことり本体の表面・内面ともにツヤもあり綺麗に保たれています。 ヒビ、チップ等はございません。


商品のコンディションに関してご質問等ございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。



デザイナー「Timo Sarpaneva / ティモ・サルパネヴァ」です!
フィンランド ヘルシンキ出身(1926ー2006)。
デザイナー・彫刻家・教育者として広い分野で活躍しました。
ガラス作品では特に芸術性と実利性が融合されたデザインの作品を多く手がけました。他にも、テキスタイル・・磁気・金属 も扱い、サルパネヴァの独特の工業デザインがフィンランドデザインの国際的な評価を高めていきました。素晴らしい作品の数々は世界中で展示されルニング・プライズ賞を獲得し、輝かしいキャリアを築いていきました。更にミラノ・トリエンナーレでは二度も受賞を果たしました。
1956年にサルパネヴァはイッタラスタイルの証ともいえる『i-ライン』と呼ばれるガラスコレクションを発表。そのシリーズは翌年のミラノでグランプリを獲得しました。 現在のイッタラ社のシンボルである『i』ロゴマークはこのコレクションのために自らが手掛けたデザインなのです。
1976年にはサルパネヴァはフィンランド政府より名誉教授の称号を与えられました。英国王立芸術大学、ヘルシンキ美術デザイン大学の名誉博士を務めるなど教育への分野でも活躍しました。彼の作品の数々はニューヨークのメトロポリタン美術館、近代美術館を始め世界中の美術館に収蔵されています。
フィンランドが誇る素晴らしいデザイナーです。

代表的な作品の中では以下の作品が広く知られています。

・真鍮の鍋:キャセロール (世界的評価の高い逸品。日本では映画「かもめ食堂」のシーンで利用されていることでも広く認知されその機能性も高くファンが多い名作品です。)

・キャンドルホルダー:Festivo / フェスティボ(ガラスの塔のようなフォルムで存在感のある作品です。)

・ホルダー付きカップ:Tsaikka / ツァイッカ (こちらも日本でもとても人気の高い作品です。ヴィンテージではガラス部分がカラーのものがあります。)



北欧フィンランドの「iittala / イッタラ」社のアイテムです。
iittala/イッタラ」社はガラス工場として1881年に北欧フィンランドで創業されました。
1920年代から1930年代にかけて「イッタラ」社は事業を家庭用品の生産に注力し技術力を磨きながら成長し、今も多くのファンを増やし続けています。









※ ご注文前に必ずご確認下さい ※

この商品は実際に使用されていたユーズド品です。長い年月暮らしの道具として大切に使われてきた「風合い」として、細かいキズやシミ、色褪せ等がある場合がございます。新品では味わえない、アンティーク特有の風合いを楽しんでいただくことにご理解を頂いた上でご注文頂けますようお願い致します。


お使いのスマートフォンやパソコン等の各デバイスによっては、表示上での商品の色味に若干の差が発生する場合がございます。

状態に関して、より詳しくをお知りになりたい場合は、ご注文前にメールにてお問い合わせください。


当ショップでの輸入食器類は、食品衛生法による「装飾用」としての販売になります。

※商品により、柄の配置が画像と異なる場合がございます。予めご了承ください。

送料について
  • instagram
  • facebook