newsブログ
10月フィンランド買付 #8 北欧のクリスマス準備

dsc_06481

フィンランドは10月中旬から「クリスマスショップ」がオープンし始め、クリスマスムードが高まります。

dsc_06511
クリスマスシーズンに入ると、町中はクリスマス関連の商品や飾りつけなどが始まります。
ショッピングモールでは専門ショップもオープンされ始め、どんどんムードが高まっていきます。
日照時間がとても短くなる北欧諸国。クリスマスシーズンを楽しみながら日々を過ごします。

dsc_06491
クリスマスショップで特に心惹かれるのがかわいいキャンドルたちです。
クリスマスムード満点のキャンドルはいくつも欲しくなってしまいますね。
この時期のお土産やプレゼントにもとてもおすすめです。

dsc_06501
11月に入ると町中のデコレーションやイルミネーション点灯が始まります。
日照時間が短くなる冬にクリスマスのイルミネーションがとても美しく映えます。
暖かく落ち着いたイルミネーションがとても素敵です。

dsc_0641 dsc_0656
フィンランドの「aarikka」(アアリッカ)ブランドのクリスマスアイテムたち。
小人の妖精の「Tonttu」(トントゥ)は、森の中や人々の家に住んでいて、家や子供たちを見守っています。
クリスマスシーズンはサンタクロース🎅のお手伝いをして、よい子にクリスマスプレゼントを贈って世界中を旅をすると言われています。
白樺の木でひとつひとつ丁寧に作られた「aarikka」のクリスマスアイテムは、長くご愛用できる素晴らしい作りです。
クリスマスにひとつずつ増やして行くのも楽しみのひとつですね。
毎年一緒に大切な時間を過ごしたい素敵なクリスマスアイテムです。
ノースブレッシングでは、「aarikka」の代表的クリスマスアイテムをご紹介しています。
レッド・ホワイトのトントゥやリースは、長く大切に毎年飾りたい素敵なアイテムです。
白樺の妖精トントゥ / aarikka / レッド(クッキー・ハート)
白樺の妖精トントゥ / aarikka / ホワイト(鈴、手ぶくろ)
白樺の妖精トントゥ / aarikka / レッド(鈴、松ぼっくり)
白樺のリース / aarikka / 妖精トントゥ、鈴

dsc_2049
クリスマスシーズン、子供も大人もワクワクするとき🎄⛄。✧♡
お気にいりの北欧雑貨を少しずつ集めて、心地よい空間をアレンジする、そんな楽しみ方も素敵ですね♪

 

  • instagram
  • facebook